あっちの多趣味なそらら

装いも新たに、学生時代に描いたオリキャラに再挑戦!

オリキャラのアイデアスケッチを加工してみた



こんにちはです。

相変わらず、のんびりとお絵描きしています。

 

 

 

  

むかーしむかしに描いた下手っぴなキャラクターの絵を、
「自分の成長を確かめたい」「この子を昔よりもっと輝かせたい」と、リベンジも兼ねて新しく描き直してみることも多々あります。

 

 

 

 

学生時代に描いたイラスト_クリエイたん1号2号

 

『こんにちは! ボクたちはお絵描きロボット、クリエイたん!』

 

 

 

 

学生の頃、授業課題かなんかで描いたオリキャラです。

 

 

当時、漠然と「双子の可愛い画家キャラ」と設定を決め、それに沿うようにデザインを決めていったと思います。

 


「ペンギンみたい!」との感想もいただきました。 そうなの?(・∀・)

 

 

 

描きやすいし、名前の語感もしっくりきていて気に入ってましたが、数年後に自宅でデジタル制作を開始した頃、良い機会なので再びクリエイたんを起動させることに。

 

 

 

 

起動中……起動中……しばらくお待ちください……(-.-)

 

 

  

そしたら全然描きやすくなかった。あら大変。

 

 

 

 

 

装いも新たにクリエイたんを描いてみた

 

 

色々と細部のデザインを改良してみたので
お時間のある方は見比べてみてください(・ω・)

 

 

 

 

そしてホントに大変だったのはこの後…

背景となるグラフィック です。

 

 

 

今回は「お絵描きキャラ」がテーマなので、背景は絵の具のモチーフや様々なグラフィック要素を詰め込んで、
クリエイたんの元気よさやエネルギーが伝わるよう意識しつつ制作することに。

 

 

 

 

まずはベースとなる形を入れます。

 

背景グラフィックのベース

今回のテーマにはピッタリな文字!

 

ここから、やや読みづらくなるくらい太くしてボリュームをつけ、絵の具の水滴などを追加していきます。

  

 

 

 

次はこの上からトーンを加えていきます。

 

 

イラストをグラフィカルにするトーン模様の使い方マニュアル

 

 

グラデーションにトーン効果を設定すると、このようなオシャレな感じに。

数値をいじるだけで色々なバリエーションが作れます。

 

 

イラストをグラフィカルにするトーンのカラーマニュアル


 

色を変えると、また印象が変わってきます。

 

 

 

あとはキャラクターの存在感を潰さないように大きさや色を調整し、配置していきます。

 

 

 

今回は背景素材を大量に使用したので、一つ一つ位置を考えて調整するのがとてつもなく大変な作業でした。(=_=)

 

 

 

 

こうして無事クリエイたんは起動し、二人のコンビネーションと創造力はこれからも?自分の励みになってくれると良いなと思います。

 

 

 

制作過程はだいぶ割愛してしまいましたが、完成作品はpixivにアップしてありますので気になる方は是非ご覧ください。(*^O^*) 

www.pixiv.net

www.pixiv.net


 

それでは、また別の過去作品の話でお会いしましょう(・∀・)

 

ではまた!

 

 

 

 

(グリーンが1号、オレンジが2号なのです。) 

フッター
ページトップへ戻るボタン