あっちの多趣味なそらら

デザイナーの端くれが趣味を色々と語ります。

イラストに合成する手描きのテクスチャを作る。

 

デジタルイラストを描く時、
「もっと深みのある絵にしたい」と思ったら
隠し味としてオススメするのがテクスチャです。

 

絵の具独特のにじみや筆の跡、
布、木、石、画用紙のザラザラとした質感、
単純な水玉模様から、ごちゃごちゃとした複雑な模様。

  

それらをイラストに合成してみると、
ある時は一気に画面が華やかになったり、
ある時はアナログ感のある優しい絵になったり、
合成してみるまで絵がどう変わるかは予想しにくいですが、
新たな発見、表現に繋がることは間違いありません。

 

 

そんなわけで今回は、

今制作しているイラストに合成する用の

テクスチャを描いていきます。

 

今回は鉛筆での手描き感を出したいので

鉛筆で画用紙を適当に塗り、

時々消しゴムや指でこすります。

 

私がテクスチャを作る時に大事にしているのは、

とにかくガムシャラにやること。

小さい頃、何も考えずクレヨンを動かしていた時のように紙を埋めることだけ考えます。

鉛筆テクスチャ制作

大体こんな感じになりました。

色や濃さはパソコン上でどうにでもなるので

今は気にしない。

見た感じただのラクガキですが、

これがイラストに大きな効果を与えてくれます。(多分)

 

 

 

鉛筆が刀のように研ぎ澄まされました。

鉛筆テクスチャ制作_磨かれて光る鉛筆

 


そして消しゴムは真っ黒に。

鉛筆テクスチャ制作_真っ黒になった消しゴム

 

 

そしてここからが色々考えなければいけない所!

まずはこれをパソコン上に取り込みます。

取り込んだら真っ先にスキャナーの掃除。

鉛筆の跡があちこちに付きます。

 

 

パソコンで画像を開いたら

まずは四隅をカットし、色をモノクロに変えます。

(後の操作で有彩色が浮き出ないようにするため)

 

ちなみに私が使用しているソフトはClipStudioPaintです。
ここから先はこのソフトでの操作となるのでご了承ください。

 

鉛筆テクスチャ制作_レベル補正


そして私のテクスチャ制作において欠かせないのが

「レベル補正」という機能。

これは簡単に言えば、色の濃さや鮮やかさにメリハリをつける機能です。

上の画像で実際にレベル補正の操作をしています。

 

画像の黒いグラフのすぐ下の三つの三角バー。

これを左に動かすほど画像が明るく、

右に動かすほど画像が暗くなります。

 

この左右操作をうまく調節すると

コントラストの強い画像になります。

 

 

分かりやすいように、補正前のと比べてみます。

鉛筆テクスチャ制作_レベル補正比較

かなり自分のイメージに近づきました。色々な場面で使えそうです。

あとはイラストの上に被せ、合成モードと不透明度を操作すれば上手く馴染むハズ!

 

 

 

試作でマークみたいなのを作ってみた。

鉛筆テクスチャ制作_試作

テクスチャの上から更に色を合成してます。

質感が質感で、なんだか地球みたいな感じになりました。

 

 

手描き以外でも、実際に写真を撮って使用しても

調節次第で上手く合成できます。

不規則で無秩序な素材ほど、合成するまでどうなるか予想できないので面白い所です。

 

 

自作のテクスチャを使うと、

オリジナリティのあるイラストが出来上がるので

皆さんも是非試してみてください。

素材から制作してみるのも楽しいですよ!

 

ただの趣味を語るブログのハズですが、

少しでも作品制作のお役に立てれば幸いです。

ではまた。m(__)m

 

 

 

(フリーより自作派。でも手は汚れる。)