そららのクリエイティブログ
今日も楽しくクリエイティブ・ライフ!

そららのクリエイティブログ ヘッダーイラスト
INFORMATION

オリジナルの模様を作ってイラストの表現力を広げる【デザインの話】

イラストと組み合わせる模様づくり


こんにちはです。あっちのそららです。
ふと思いつきで、過去絵をいじって遊びたくなることがあります。

今回は、気分転換と創造力のトレーニングを兼ねて、オリジナルの模様を作りました。イラストの表現力を広げる施策をいろいろ試していきます。

 

acchinosorara.hatenablog.jp

以前描いた、怒っている表情のイラストに、自作の模様を貼ってアレンジすることに。イラストの印象がどう変化するのか楽しみです。

 

作ったオリジナルの模様

 

オリジナルの模様 鋭いギザギザのストライプ


イラストのテーマに沿って、「怒り」を表す稲妻の模様を作りました。

線の太さと角度を統一し、全体のバランスを整えましたが、単調すぎると面白みがないので、ランダムに線を切り取って崩し、ある程度の不規則性も持たせました。


模様を作るときは、いくつかルールを決めておくと、スムーズに進みます。
今回の場合は、以下のルールを設定しました。

・線の太さは50px、またはその倍数

・線の角度は45度

・線を切り取るときは、0度・45度・90度のいずれかでカット


個々に統一化されたルールがあると、デザイン崩れの防止にもつながります。これは模様に限らず、デザイン全般に応用できるテクニックですね。


イラストと組み合わせる

 

怒っているオベちゃんのイラスト 背景模様あり


イラストの背景に模様を貼りつけました。
オベちゃん
の感情の高鳴りが強調され、怒りというよりも、鋭さやスピード感といったイメージが形になった気がします。情報量も増えて、にぎやかな印象になりました。


怒っているオベちゃんのイラスト 黒背景バージョン


黒バージョンも作ってみた。色を反転させる手法は勇気がいりますね。
漫画のカバー裏のデザインにありそう。


怒っているオベちゃんのイラスト 白背景と黒背景の比較


性格に裏表がありそうな描写ですが、どっちも純粋なオベちゃんです。(苦笑)

 

オベちゃんのイラストに模様を重ねてザラザラの質感に

 

模様は背景以外にも広く活用できます。
試しに、クリッピングマスクを使って、模様をイラストに重ねてみました。アナログっぽいザラザラ感が加わって、味のあるタッチに。

模様の形や細かさによって、質感の印象は異なってくるので、いろいろなバリエーションを見比べて楽しむのもいいと思います。


模様を作り込む

 

模様をアレンジ 赤黄青の複雑なグラフィック


模様に少し手を加えて、複雑化させてみました。
下記の工程で、手軽にデザインの表情を変えることができます。

1 模様をコピペする。

2 コピペした模様を回転する。

3 二つの模様の交差部分を違う色で塗る。

4 1~3をくり返す。(回転角度は毎回変える)


色数を増やす場合、グレースケールで確認して、色ごとの明暗に差が出るように調節しましょう。色味が異なっていても明度が同じだと、モノクロで見たときにグレー1色になってしまいます。
この模様も、赤の明度を基準にして、青を1段階明るく、黄を2段階明るく調節しています。


おわりに


今回は、オリジナルの模様を作って、いろいろな表現を試してみました。
グラフィカルな背景として、キャラクターの服や髪の柄として、独特の質感を与えるテクスチャとして、幅広く使える素材なので、自身の作品制作に取り入れてみましょう。


Twitterも見てね!

 

前回のオベちゃん記事

acchinosorara.hatenablog.jp

acchinosorara.hatenablog.jp

acchinosorara.hatenablog.jp

acchinosorara.hatenablog.jp

 

この模様が立体迷路にしか見えない。