そららのクリエイティブログ ヘッダーイラスト

夏のオリジナルイラスト。厚塗りで雲の神様を描いてみた。

鳥居と雲の神様



こんにちはです。あっちのそららです。

洒落にならない暑さが続いています。
創作への情熱で夏の暑さをなんとか相殺している毎日ですが、そろそろ限界が近い。

 

これは普通にイラスト描いてるだけでは、熱中症になるのも時間の問題…


よし、涼しそうな絵を描こう!


創作への情熱にプラスして、清涼感のあるイラストのパワーで酷暑を吹き飛ばします。
今日ご紹介するのは、そんな涼しいイラストの制作工程です。 



ラフスケッチ


まずは浮かんだアイデアを基に、ラフスケッチを描いていきます。

雲の神様のラフスケッチ

今回描くイラストは、
大きな入道雲の神様、通称「クモガミサマ」です

祀られている聖域から顕現するシーンをイメージした構図。
自分は普段、どちらかというとポップで可愛らしいイラスト(主にオリキャラ)を好んで描いていますが、今回は風景画の要素が強いリアルなイラストを目指します。

オリジナルですが、今回の場合オリキャライラストに入るのかどうなのか…

進捗報告の記事

acchinosorara.hatenablog.jp




描き込んでいく


クモガミサマの部分を塗り終えました。

雲の神様を厚塗りで塗り終えた段階



入道雲のモクモクした質感と、巨大な神様の威圧感を厚塗りで表現。
グラデーションのように、雲が少しずつ巨人のように変化していく「動き」のある構造に。

首の筋肉と、煙のような輪郭のぼかしにこだわりました



岩肌の地面を厚塗りで描いた



次は、クモガミサマが祀られている聖域を描き込んでいきます。

岩肌むき出しの険しい大地を大胆な構図で。現実ではちょっと有り得ない見え方ですが。
雲と馴染ませるために、水色のグラデーションを加えました。


雲神之社 鳥居の厚塗りイラスト



神様をテーマにしたイラストを描く時には欠かせない「鳥居」を配置。

画像検索を活用し、色々な角度から見た鳥居の写真を集め、鳥居の構造を理解する所からスタートです。

図形ツールや曲線ツールで左半分を描き、コピペして左右反転することで、綺麗な左右対称の鳥居が出来ました。デジタルならシンメトリーの構図を作るのも簡単! 



仕上げ・エフェクト


よりイラストにインパクトを持たせるため、エフェクトなどを加えていきます。

稲妻のエフェクトと鳥居の奥の異空間



鳥居の奥に、ブラックホールのような異空間の扉を追加。

更に、鳥居の足に発光する稲妻のようなエフェクトを入れて、クモガミサマが顕現する際のエネルギーの振動みたいな現象を表現しました。



最後に太陽光を入れます。描いたことが無かったので初挑戦です。

太陽光の描き方とイラストへの合成後



様々な色と不透明度の正円を直線上に並べ、合成モードを「オーバーレイ」にすると、イラストと上手く溶け込んで、それっぽい太陽光になります。

鳥居と同じく、太陽光の写真を検索して描き方を模索・研究しました。
何事も勉強と探究心です。



完成!

 

雲の神様完成イラスト



クモガミサマ、完成!


自分のイラストのタッチとは違いますが、迫力のある作品に仕上がりました。

強いて言えば、クモガミサマの顔と右手の形がイマイチ…
人体デッサンがまだまだ必要なようです。あと、自作とはいえ全体的にテクスチャを多用しすぎた感もあります。


Pixivも見てね!

www.pixiv.net



厚塗りは好んで使わないし、風景を進んで描く事も無いですが、いざ描き始めると没頭できて楽しいし、学べることも沢山ありました。

酷暑と戦いながらの制作でしたが、最初のコンセプト通り、清涼感のあるイラストに出来ました。どこか暑苦しい雰囲気もありますが…



これから益々気温が上がりそうな感じですが、負けずにイラスト描き続けていきます。
こまめな水分補給も忘れずに。


前回の作品紹介

acchinosorara.hatenablog.jp




(飛行機雲も入れてみたけど違和感あったから消した。)